分山貴美子(わきやま きみこ)

福岡市生まれ。国立音楽大学卒業。世界的にみても数少ない“プロの”口笛プレイヤー。
「くちぶえとピアノの弾き語り」という独自のスタイルで演奏活動を開始。
2007年アメリカの口笛世界大会(IWC)に初出場し《成人女性の部》総合優勝。
「東京タワー~オカンとボクと時々、オトン~」、「のだめカンタービレ」のだめの口笛吹き替え、
NHK教育テレビ「おかあさんといっしょ」で作詞曲が使用される。
2016年ビクターエンタテインメントから2枚目のCD「くちぶえ天国2“ピース”」をリリース。
2017 NHK総合「おはよう日本」で特集される。
2018 ポノック「小さな英雄:カニーニとカニーノ」に参加。
サザンオールスターズ関口和之氏のバンドでアルバム参加やハワイツアーや、ピアノやウクレレの弾き吹きやバンドでのコンサート、くちぶえ教室を開催するなど楽器としてのくちぶえを広げている。

Official site http://kimikowakiyama.com